いまさら「Lemon」解説&考察

初めに

今はもはや米津玄氏の代名詞ともなった
「Lemon」

全国に浸透しもう聞き飽きたよ!
っていうひともいると思います

ですが今回はこの考察をしていきます

Aメロ

夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる
忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う

戻らない幸あることを
にあなたが教えてくれた
えずに隠してたい過去も
がいなきゃ永遠昏いまま

歌詞 NaNa

最初こそはキャチーな感じで
ポップでいかにも万人向けしそうな
イントロでした

ですが

だんだん音が追加してます
「夢ならばどれほどよかったでしょう
未だにあなたのことを夢にみる」
声+ピアノ

「ウェッ⤴」

「忘れた物を取りに帰るように
古びた思い出の埃を払う」
声+ピアノ+ギター+ベース+手拍子

(間)

「戻らない幸せがあることを」
声+ピアノ+ギター+ドラム+バイオリン+「謎の金属音」

「ウェッ⤴」

「最後にあなたが教えてくれた」
声+ピアノ+ギター+ドラム+バイオリン+「謎の金属音」

「ウェッ⤴」

「言えずに隠してた昏い過去も」
声+ピアノ+ギター+ドラム+バイオリン+「謎の金属音」

「ウェッ⤴」

「あなたがいなきゃ永遠に昏いまま」
声+ピアノ+ギター+ドラム+バイオリン+「謎の金属音」

とうような感じでした
「謎の金属音」とは何でしょう?
自分これ気付くのに人に言われてから気づきました!

さらに注目してほしいのは

これはオルゴールでしょうか?

歌詞も
昔の記憶を思い出すほど
それがどんなものだったのか
だんだん記憶の中にか入っていく感じ

それなのに違和感があります
それは音楽で表現されてます

「ウェッ⤴」もそうなんですが
オルゴールの音も入ってます
なんだか後からつけた感じなのに
なぜかなじんでる

違和感なのに心地いい感じ

不思議ですね

参考にさせていただいた動画

名曲の秘密さんの動画を見て
この記事を書きました

まだみたことない人がいるなら
見るといいですよ。必見です!

新しい考察や解釈は
新しい気持ちで曲が聞けるのですごく楽しいです

Bメロ

きっともうこれ以上 傷つくことなど
ありはしないとわかっている

歌詞 NaNa

Bメロです
盛り上がっていく場面です

僕個人は
ずっとAメロみたいな
曲がつづいてほしい
どこかで不自然な感じもある
けどそれがまたいい感じが好きなんです
あくまでも個人的な感想です

けど
米津玄氏さんは
こだわりを見せてきます

日本風な構成になっている
J-POPですね

Aメロ→Bメロ→サビの構成です

逆に海外の洋楽はサビというサビがありません
海外から見た日本のサビって
「だせぇ」って思われることもあります
けど日本人は好き好んで聞きます

この違いって何でしょうかね?
そしていつからこんな風な感じでしょうか?
音楽の歴史とか勉強してみたいですね
それをブログに更新したいですね

サビ

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
そのすべてを愛してた あなたとともに
胸に残り離れない 苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

歌詞 NaNa

サビです
今回は1番しか載せませんが
ぜひ二番目のサビと聴き比べてください
緑色の部分から音楽が入ります

「あの日の悲しみさえ」が
1番
「あなひのかなしみさえ

2番
「あなひのかなしみさえ

わかりますか?

ワンテンポ遅れるんですよ!

えぐくないですか!?

僕こういうのに弱いんですよ

しかも
赤い文字の部分はバックにある音楽すべて止まるんですよ!

ぐわああぁぁぁぁ!!!
って毎回なります(笑)

まとめ

楽器が増えること
音楽構成
音楽が止まるときの興奮

といろいろ書いてみました
面白いですね

今回は全然ストーリーに触れませんでしたが
みなさんは聞き飽きてますよね

なので別の視点で書いてみました

ですがここで書いたのは僕一個人の解釈なので
これがすべてではありません!

みんなそれぞれの解釈があります
そしてそのどれもが正解です

ここでほかの人の解釈を見聞きして
「こんな考え方あったんだ!」
と思ってもらえればうれしいかぎりです

最後に

どうでしたか?
今回は米津玄氏さんの
「Lemon」の考察
後半からは自分の言いたいことだけ
いったまたいな感じになりましたが(笑)