米津玄師 海の幽霊 感想

こんにちは今回は
音楽米津玄師ことハチpの紹介をしていきます
ではやっていきましょう!

米津玄師はアーティストやボカロpなどマルチで活動されているかたです

その正体は謎につつまれていて
テレビやメディアになかなかでていません

ムービーやPVには
素顔もよく映っていません

最近では
日曜劇場 ノーサイド・ゲーム 主題歌

「馬と鹿」のpvをYouTube上で投稿していましたね

それと同じ時期に
New Single 「馬と鹿」2019. 9 .11 releaseを発売
曲は
1. 馬と鹿
2. 海の幽霊
3. でしょましょ
です

うち2曲はユーチューブ上でアップロードされています

「でしょましょ」はカップリング曲としてCDにはいっています
中でも好きな曲は「海の幽霊」です
令和になって早々神曲が出てきましたね

ですがこの曲を始めて聞いたときは
正直、そんな鳥肌がたったわけではありませんでした(笑)
なんかすげぇーなー

ぐらいにしか思いませんでした
まったく面白くなかったわけではありません

ただ、作品の雰囲気や音楽に
僕の気持ちが追い付いてない感じでした

例えば
あなたはは最近とてもつらいことがありました
それで昨夜は一睡もできませんでした

そのせいか今日はイライラしやすかったです

そこにウキウキな友達がきました

ライブのチケットが当たったのか
ゲームのガチャがあたったのか
わかりませんが
めっちゃ自慢してきます

それはもう、うっとうしい程に
いつもなら楽しく会話できるあなたですが
今日は違います

友達の顔や声がうざく感じます

僕が曲を聴いたときは
その逆なかんじでした
自分がテンション上がってて
あいてが下がっている

会話の温度差でさめてしまう
みたいな(笑)

米津さんの曲がテンション下がる
とか
歌詞意味わからな過ぎてよくわからん
と言いたいわけではありません

ただ、「タイミングが悪い時もある」
と言いたいんです

ですがなんだかんだあって
今一番好きな曲ランキングNO1はこの
「海の幽霊」です
ではなぜここまで好きになれたのか紹介していきます!

それは
漫画「海獣の子供」を読んだからです
海獣の子供は全巻5巻ぐらいあって
最初のの一巻が無料でした

今この漫画は公式でネットで無料で読めます
いつ読めなくなるのか分かりません
読むなら今のうちですよ

そのことをひょんなことから知った僕は
無料ならよんでみようかなーと思い
とりあえず読んでみました

そ し た ら
「めちゃんこ、おもろいやん!!!」
漫画の表紙を見たときは絵具で書いたような感じ
特に目がリアルでうまくて気持ち悪い
と最初は思っていました

例えば
その気持ち悪いを極端に言うと

モナリザが怖くみえる
とか
なんでそう思うか最近分かったんですよ
それは
「こっちを、見てる」
と感じるからです

アニメ風の絵はフィクションだとかんじますが
この漫画は圧倒的画力
で僕たち読者に訴えてる感じがします

読む前は
「この絵、自分すきかなー?」
と心配でした
僕は「からかい上手の高木さん」
のようなアニメ風なかわいい絵がすきでした

はじめは抵抗があったもののすぐになれました
人間って適応能力高いな
とかおもってましたが

振り返ってみると
漫画の作画が素晴らしすぎるからだと
思わされました

素晴らしい作品はほかにもたくさんあります
Lemon
アイネクライネ
打ち上げ花火
ピースサイン
etc…

ほかにもたくさんあります

ヒットソングを多く生み出してきた
米津玄師さん
音楽のセンスが爆発してますね