米津玄師「アイネクライネ」マジ考察「あなたの名は。」

はじめに

今回は
米津玄師さんの
「アイネクライネ」を
マジ考察しました

この曲で
米津玄師さんの波が出てきた気がします

クラスメイト
でカラオケで歌う人は
必ず一人はいるかんじでした

僕の周りだけでしょうか?

結論

この曲を一言で表すと
「あなたの名は。」
です

「君の名は。」
ににてますが
サビが似てたので

ひぱってきました

Aメロ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに
当たり前のようにそれらすべてが悲しいんだ
今痛いくらい幸せな思い出が
いつか来るお別れを育てて歩く

誰かの居場所を奪い生きるくらいならばもう
あたしは石ころにでもなれたならいいな
だとしたら勘違いも戸惑いもない
そうやってあなたまでも知らないままで

Oo歌詞

普遍的過ぎて
僕が考察でああだこうだ
と書くのが

恥ずかしくなってきます

ですが
僕なりに
考察をしていきます

「あたし」

主人公の一人称が
「あたし」になってます

これは女性ということでしょうか?
けど
「僕」でも女性で言う人もいるので

一概には言えません

わかるのは
「幼さ」が伝わってきます

でも声のトーンで
印象も変わってきます
「昨日あたしさ、旅行にいったの!」
というと親しい友達から
話しかけてくる感じがします

「あたしのお菓子かってー!」
だと子供が駄々をこねるときの
「あたし」です

この曲の「あたし」とは?

やっぱり女性視点ですね
ですが男性が歌っても違和感がないのが
不思議です

Bメロ

あなたにあたしの思いが全部伝わってほしいのに
誰にも言えない秘密があって嘘をついてしまうのだ
あなたが思えば思うよりいくつもあたしは意気地ないのに
どうして

Oo歌詞

「誰にも言えない秘密があって
嘘をついてしまうのだ」
誰にだって秘密はあります

意識してなくても
知られたくないことは
黙ってしまいます

それほど
主人公は「意気地ない」と
自己嫌悪になりますが

「どうして」

と盛り上がりながら
サビに近づきます

サビ

消えない悲しみも綻びもあなたといれば
それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか
目の前の全てがぼやけては溶けてゆくような
奇跡であふれて足りないや
あたしの名前を呼んでくれた

Oo歌詞

どうして悲しみも
あなたといれば
「それで、よかったね」と
笑い合うことが
うれしいのか?

まとめ

「あなたの名前は。」
でした

「あたしの名前を呼んでくれた」
の部分が
「君の名は。」に似てますね

とってつけたような理由ですけど(笑)

最後に

どうでしたか
今回は
米津玄師さんの
「アイネクライネ」