米津玄師 灰色と青 マジ考察 「あいつ、今何してるんだろうな?」

はじめに

今回は米津玄師さんの
「灰色と青」
をマジ考察します

この楽曲は
俳優 菅田将暉さんと
コラボした楽曲になってます

以前にも
米津玄師さんは
間接的にコラボしてます

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』で
間接的にコラボしてます

結論

 

この曲を
一言でいうと
「」です

Aメロ

袖丈が覚束ない夏の終わり
明け方の電車に揺られて思い出した
懐かしいあの風景

たくさんの遠回りを繰り返して
同じような街並みがただ通り過ぎた
窓に僕が映ってる

Oo歌詞

季節は
夏の終わり
9月10月ぐらいですかね

「明け方の電車に揺られて思い出した
懐かしいあの風景」

これPVで
電車に乗っているので
このことだと思うと思いますが

僕はこう思います

米津玄師さんと
菅田将暉さんは
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

で間接的にコラボしました
その映画の主題歌

でこんな歌詞があります

「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って
笑う顔に何ができるだろうか
傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動
焦燥 最終列車の音

Oo歌詞 打ち上げ花火

ここの歌詞で
電車が出てきます
詳しくは列車なんですけどね

映画でも
電車も重要な要素になります

こうやって見ると
別の曲とか比べてみると

新しく見えてくるものがありますね

Bメロ

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか
ひしゃげて曲がったあの自転車で走り回った
馬鹿ばかしい綱渡り 膝に滲んだ血
今はなんだかひどく虚しい

Oo歌詞

登場人物は二人で
この二人は

以前親しかった中ですが
合わなくなって疎遠になりました

そこから
「あいつ、今何してるんだろうな?」
っていう
気持ちになります

サビ

どれだけ背丈が変わろうとも
変わらない何かがありますように
くだらない面影に励まされ
今も歌う今も歌う今も歌う

Oo歌詞

背丈とあります
これは成長ですね

子供から大人になる
その成長の過程で

「何か変わらないもの」
があるといいな
と思ってます

まとめ

この曲を
一言でいうと
「あいつ、今何してるんだろうな?」
でした

昔の友を思う
そんな曲でした

その普遍的な感情を

米津玄師さんを
とおして 見てみると
菅田将暉さんとの

インタビュー記事

米津玄師菅田将暉さんの対談

最後に

どうでしたか
今回は米津玄師さんの