米津玄師 「MAD HEAD LOVE」歌詞 考察

未分類

初めに

今回は米津玄師の
「MAD HEAD LOVE」を
マジ考察していきます

結論

「MAD HEAD LOVE」
を一言でいうと

狂おしいほど愛してる

MADとは「狂った」「馬鹿げてる」
という意味です

悪く言えばふざけてる
良く言えば中毒性が高い曲

子供っぽい曲調なのに
よくよく歌詞を見ていくと大人な内容なんですよね

曲は男女関係の話です
では考察パートどうぞ

Aメロ

ああ 煮えたぎる喉の奥
どんどろりんと言葉が溶けていく
もう愛から愛へ愛されて愛まで
脳みそ全部そんな感じ

ああ あの日のことを思えば
真っ黒焦げ痛みで目が冴える
もう愛から愛へ愛されて愛まで
年がら年も引っ切りなし

Oo歌詞 引用

ストーリー

登場人物は男女

夫婦 か
彼氏彼女の関係です

「煮えたぎる喉の奥」
好きな人といると胸が締め付けられます
それが喉になると焼けるほど熱くなります
生唾を飲み込む姿が想像できます

頭の中がその人のことでいっぱい

考察

音楽もそうですが歌詞も
ごちゃごちゃしています

そして言葉選びも面白いです
擬音語で遊んでる感じ

「どんどろりん」とかまんまですよね
意味とかそういうんじゃなく

感覚で訴えてくる感じ

「愛から愛へ愛されて愛まで」
愛です
めちゃくちゃ愛です

 

Bメロ

呪われた僕らは虜になって
きっと愛だ恋だを忘れられないままでいる
愚かさに囚われもう戻れないな
そうさ修羅の庭にて君と二人きりで
殴り殴られ乱闘中!

Oo歌詞 引用

どこかサンタマリアを彷彿とさせます
サンタマリアもBメロでは
呪いという単語が出てきました

MAD HEAR LOVE と サンタマリアの呪いは
同じなのでしょうか?

米津玄師さんの作る曲は普遍的なものがおおいです
呪いも抽象度がたかいです

おかげで考察しがいのある曲ばっかです

サビ

ベイビーベイビビアイラービュー
さらば 思い出せないような
呆然自失の毎晩を
君の全てで爆破して
単純明快 こんなもんだ
スッカラカンの脳で歌うたって
迷妄醜態 全部そうだ
ひっくるめて愛を注いでいたい
ベイビーベイビビアイラービュー
今は痣だらけの宇宙で
愛とも言うその暴力で
君と二人で喧嘩したい

Oo歌詞 引用

恋をすると脳がチンパンジー並みになる
という話を聞いたことがありますか?

これは好きな人を思うとその人のことしか
考えられなくなるほど依存してる状態です

ありますよね(笑)

この曲はその状態をうまく表現しています

曲調が拍子抜けしてるのも
「スッカラカンの脳で歌うたって」
ていう歌詞みたいに
頭が空っぽなんです

これが狂気じみてますね

でも、それぐらい愛してるんです

メンヘラチックな感じな曲ですね

まとめ

狂おしいほど愛してる

タイトルは
「MAD HEAD LOVE」
を和訳すると
「狂った頭愛」
日本語がおかしい分ですが
こういう意味でしょう

「狂った頭の愛」

これはあくまでも傍観者として
米津玄師さんはこの男女関係のストーリーを
聞いています

PVにもあるように
マイクを持って収録してる様子が
一瞬だけあります

でもどこか自分と重ね合わせるところも
あるんでしょうか

本人が体験しないとこんな曲作れないんじゃないのか?
と思うようになってきました

最後に

どうでしたか?
今回は「MAD HEAD LOVE」
を解説しました

ほかの曲も考察してます

米津玄師 シングル 完全一覧