米津玄師 「結ンデ開イテ羅刹ト骸」歌詞 マジ考察

はじめに

今回は米津玄師
がボカロpとして
活動していた時

ハチ
としての楽曲を紹介します

米津玄師を知っていて
この曲を知らないひとって
どのくらいいるんでしょうかね

この曲結構怖い感じの曲なので
閲覧注意です

ではやっていきましょう

結論

この曲を一言でいうと
「無邪気だから知らない」
です

Aメロ

さあさあ今宵も無礼講
獄卒衆すら巻き込んで
宴の瀬にて成り下がるは
純真無垢故質の悪い
悪虐非道に御座います)片足無くした猫が笑う
「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」
首輪に繋がる赤い紐は
片足の代わりになっちゃいない

や や や や 嫌 嫌 嫌
列成す卒塔婆そとばの群れが歌う
「ソコ行ク御嬢サン踊リマショ」
足元密かに咲いた花は
しかめっ面しては愚痴ってる
舞台は
昔の日本みたいな感じですね江戸時代みたいな
初音ミクが
浴衣を着ているのがそうですね

怖いって言っても
ホラーじゃないんですよ

会談って言ったほうがまだ
しっくりします

それと
漢字が多いので
解読するのが楽しいですね

文庫系の本を読んでる
みたいな気分になります

「ソコ行ク御嬢サン遊ビマショ」
から

この話の主人公は
女の子だとわかります

Bメロ

腹を見せた鯉幟こいのぼり
はらんだのは髑髏

引用元

核心ですね

されこうべ とは
頭蓋骨です

そういうお店で
避妊した女性が堕ろすのを
連想します

えぐいこと書いてますね

サビ

やい やい 遊びに行こうか
やい やい 笑えや笑え
らい らい むすんでひらいて
らい らい 羅刹と骸

 

一つ二つ三つで また開いて
五つ六つ七つで その手を上に
松の木には首輪で 宙ぶらりんりん
皆皆皆で 結びましょ

4が抜けているのが

逆に意識してしまいます

「松の木には首輪で 宙ぶらりんりん」

これは
よくないことが
想像してしまいますが

この曲の主人公は
子供だと思います

「無邪気」をテーマしたぐらいですからね

ですが
無邪気さゆえに
何も知らないんです

指切りげんまん とか
てるてる坊主 とか

もよくよく振り返ってみたら
怖いこと言ってますからね

でも子供たちはそれを知らずに
言う

この時も知らなかったんでしょう

まとめ

どうでしたか

最後に