ボカロオリジナル曲 Vintage 歌詞 

ボカロ 歌詞

はじめに

今回は
Vintageさんの
「Vintage」という曲を
紹介します!

一度聞いて好きになりました!
今の自分と重ね合わせながら聞くと
ぐっとくるものがあります

特に
「進路」に悩んでる人
「夢」に向かって進んでいる人
に向けての曲です

結論

この曲を一言でいうと
「夢と君と参考書」です

夢にあこがれる
よしこ(吉村良子)と君(画面の君)
と参考書(Vintage)

Vintageとは参考書という意味です

 

歌詞

おめでとう 今日までの私
言われ辿った 四択の一本道
それじゃこれからも 君に任せたよ
一冊の本振りかざし さあ行こう

新天地 飛び込むの 今日も君と
分かれ道だよ ねえ 答えはどちら?
君は指をさす 道が続いてく
お見事 また大正解だ!

この本を 手放したくないのは
君が選ぶ日々が 楽しいから
辿って乗り越える 繰り返す度
また強くなれる 意外といけるかも!

選んだ未来は 君色の 
イニシエーション

君が書く プロローグ
立ち止まるのは NoGood
怖くても 大丈夫
何にでもなれる 君が選べば

そばに居る 導き
聞こえてくる リアリティ
ただ進む それでいい
選んでよ 君についていくから

教えて!
どの道選べば 明日に 辿り着くのかな?
でも どこに着くのかは 
君が知る

急転 迷い込んだスポットライト
光る道がある 答えはこっちだ!
私走ってく 道を選んで行く
輝く 素晴らしい世界だ!

不器用でも 渡したくないのは
眩しさが 私を手招くから
追いかけ転んでを 繰り返す旅
また分かれ道だ 光の強いのは?

描いた未来は 輝く
そんなベネディクション

動き出す モノローグ
溢れ出す NewHope
突き進め ほら遠く
あの日の私が 何か呟く

届かせ もう1ミリ
心光る 毎日
覗く未来 狭い道
私の足元 散らばるページたち

お願い!
この道進み 私は辿り着かなくちゃ
手放せば 周りには
誰も居ない

それはすべての人を誘惑する 魔性の光で
追いかけているだけで 毎日が幸せに感じる
でも ほとんどの人は思い始める

光が欲しいのは 自分だけじゃない
自分には 不釣り合いかもしれない

それが分かってしまうのが怖くて 諦めようとしたとき
初めて 自分の孤独に気付き
恐怖と共に 茨の道を進むしかなくなる
君の存在など 忘れて

踏みつけていた 
ページも抜け落ちたその本は
読まくなってしまったし
中身も忘れてしまったけど

いつもそこにあって

私の背中を押してくれる
気がするだけだけど
たったそれだけで良かったと
気付いた

足元を見てみて
手に入れた武器には
使う以外に価値は無いかい?

歌い出す このロック
音外しても SoGood
怖くない
私の選んだ細道 ついて来てよね

才能無くたって 死にはしないぞ
だって私には 譲れない夢と
君が居る

ありがとう 今日までの私
埃払った 一冊の参考書
それじゃこれからは 君が見てるから
一冊の本胸に 行こう

Vintage コメントより

歌詞だけ見ても
わかるんですが

圧倒的ボリュームです!

情熱が伝わってくるのを
ひしひしと感じます

Vintageってだれ?

おにさく、
きせのん、
しそ、
そらりこ、

からなる四人組クリエイターユニットです!

ボカロ曲やインスト曲を投稿してます!

この曲がボカロ曲の初投稿で
これからの活躍に期待なユニットです!

Vintage さんのYouTubeチャンネル

VintageさんのTwitter

 

まとめ

この曲を一言でいうと
「夢と君と参考書」
でした

よしこが目指す夢が
僕たちが重なって
元気をくれる曲でした!

最後に

どうでしたか今回は
Vintageを歌詞を紹介しました

Vintageというグループの
新たな門出に祝福を!

番外編

個人的に気になったのが
こちら↓

※よしこ(吉村良子)とは、私たちVintageのマスコットキャラクターです。 長いツインテールと(元)黄色い目が特徴の女の子。 これからも色々な目に遭いますが、持ち前の明るさで乗り越えてもらいます!

Vintage 概要欄より

「これからも色々な目に遭いますが、
持ち前の明るさで乗り越えてもらいます!」

よしこちゃんの身に何が起きるのか?
そしてよしこちゃんはどうやって
乗り越えていくのか?

これからの活動が気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です